蓄電池の仕組み

当社のこだわり

災害時に電力の自給自足が可能な設備~家庭用蓄電池~

2011年に起こった東日本大震災を機に電力需給問題が世界的な注目を集めたことは、記憶に新しいかと思います。

それ以降、個々のご家庭でもエネルギーの使い方や作り方について考えられる機会が増えてきました。私たちの生活にとって、電気はなくてはならない存在。だからこそ、安定的に使用できる環境を作ることが必要です。

兵庫県神戸市の新日本住設では、災害時にも安定した電力使用を可能にする「家庭用蓄電池」をご提案しています。

蓄電池とは?

蓄電池はその名の通り、電力を貯めておく装置のことです。日常で馴染みがある蓄電池としては、スマートフォンや携帯電話の充電池、自動車のバッテリー、充電式乾電池などがあります。当サイトでご紹介する家庭用蓄電池は、住まいで使用する電力の大部分をまかなえる、大容量の充電装置。家庭内で一定の電力を確保しておくことで、災害時には非常用電源としても使用することができます。

蓄電池の利用シーン

災害時・停電時の非常用電源

災害時に停電が起こっても、非常用電源として蓄電池に貯めた電力を使うことができる、まさに“大きな電池”です。ライフラインに欠かせない電力だからこそ、蓄電池で安心して使用できる環境を確保しておきたいですね。

夜間電力の蓄電

昼間に比べて安価な夜間電力を蓄電池に貯め、昼間使用することで電気代を節約することができます。さらに太陽光発電システムやオール電化住宅と組み合わせられれば、より高い節電対策が実現します。

太陽光発電と売電によるエネルギーコスト低減

もっとも家庭用蓄電池として使用例が多くおすすめしたいのが、太陽光発電システムとの連携です。日中晴天時に太陽光から発電した電力を蓄電池に貯め、住宅内で必要なぶんを使用し、余った電力を電力会社に売ることができます。

新日本住設が安心のエコライフをサポートします

このように、電力を一定量確保する機能によって快適かつ環境に配慮したライフスタイルを実現するのが家庭用蓄電池です。省エネ効果もさることながら、いざというときの安心にもつながることが蓄電池の最大のメリットだといってもいいでしょう。

神戸市の新日本住設では、家庭用蓄電池や太陽光発電の力によって電力の安定確保・安定利用を実現し、安心でエコロジーな生活を送りたい方のお手伝いをしております。家庭用蓄電池だけでなく、太陽光発電やオール電化に関する知識・施工実績も豊富にありますので、お客様の事情に合わせたご提案が可能です。導入を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

蓄電池を導入する前に考えておきたいこと 蓄電池のメリット・デメリット

導入シミュレーションをご紹介 蓄電池の寿命・費用回収シミュレーション